一番効き目が出るタダシップの飲み方と3つのポイント

タダシップの効き目を最大に出せる飲み方は、あなたが空腹の時に飲むことです。

そして一番タダシップの効き目が悪い飲み方が脂物を満腹に食べた後になります。

これは、ED治療薬を飲むときの共通の注意事項にもなっています。

今回はタダシップの効き目を最大で出すための飲み方についてまとめてみました。

ポイント1 空腹時に飲むこと

まず、タダシップを飲むときは必ず空腹時に飲むことが必須です。
空腹時にタダシップを飲むことで勃起に必要な成分を無駄なく体に吸収させることができるからです。

これが、食事後だとうまくタダシップの成分が体に吸収されずいざという時に勃起できなかったり効き目が悪かったりする事があります。特に脂物はタダシップの効果を最低限まで下げてしまうので最悪の相性となります。

なのでまずは胃に何もない状態で先にタダシップを飲むことが重要なポイントになります。
空腹の時にタダシップを飲んでまずはしっかりと薬を吸収させることです。

一度、薬の成分が吸収されれば後は食事をしても大丈夫です。

ポイント2 セックス3時間前に飲むこと

タダシップの効き目は36時間と長時間効き目が持続するのがメリットですが、やや効き目がでるまでに時間がかかるのがデメリットでもあります。なのでセックスする3時間前にはタダシップを飲んでおく必要があります。

タダシップは飲んですぐに効き目が出るタイプのED治療薬ではないので余裕を持って飲むようにしましょう。
私の経験からいえば晩御飯前に飲んでおくと丁度いいタイミングでピークを迎える事ができます

ポイント3 酒、食事はすこし控えめにする

一度タダシップを飲んでしまえばその後、お酒を飲んでも食事をしても影響はでないといわれていますがやはり体質によってはあまりお酒、食事を必要以上に多くとらないほうがいい場合もあります。

特にお酒が弱い人は、頭痛になりやすくなったり本番で勃起できなかったりする事もあるのでお酒を飲むときはホドホドにしておきましょう。食事も脂物、中華、焼肉といったものはがっつりお腹いっぱい食べてしまうといざという時勃起が弱くなったりするので食事もそこそこにしておくことがポイントです。

タダシップの効き目が一番出たと思える過去の体験

私がいままで一番タダシップの効き目が出たときの体験談を紹介します。

まず彼女とのデートは夕方18時に待ち合わせでした。
その日は仕事が忙しくて、昼食は取る事ができませんでした。

結局、夕食までにその日に口に入れたものは朝の缶コーヒーと昼のお茶1杯だけ
そんな状態で、タダシップを飲みました。

その日の夕食は刺身がメインの魚料理
お酒も日本酒をちょこっと飲んだ程度でした。

脂物を一切食べなかった1日だったのですがその日の勃起力は過去一番最強でした。

自分のペニスがちょっと痛いぐらいガチガチに勃起しました
40歳手前にしてこんなにガチガチになるものかとビックリしたぐらいです

そんな状態でのセックスなので、最高に気持ちよかったですし彼女も中イキできたようでその日はお互い凄く満足いくデートに終わりました。

夕方まで空腹で仕事していたのでかなり辛かったですがタダシップの効き目は間違いなく1番でした。あなたも私と同じように痛いぐらいガチガチの勃起をしてみたいと思うのでしたら一度極限状態まで空腹にしてタダシップを飲んでみたください。

その後の食事も脂物を食べずなるべくたんぱくなものにしておけばなお効き目は倍増するでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です